カラブリア州のルネッサンス? イタリアの美しい村・アイエータ(Aieta)



カラブリア州の西側(ティレニア海側)でもうすぐそこはバシリカータ州、の位置にあるのがアイエータ(Aieta)。コセンツァ県の北のはずれです。
カラブリア州のルネッサンス期を代表する村としてイタリアの最も美しい村に選出されていて、何がどうルネッサンスなのか・・と言ったあたりを求めて訪問される方が多い印象です。

縦長写真で失礼しますw
村は古代ギリシャ時代にまでさかのぼる歴史があって、かつては aetòs と呼ばれていました。鷲、ですね。 かつての名前がそのままイタリア語化して現在の村の名前になっています。

この付近を治めた領主たちは、今でもカラブリア州内で有名なご一家。それぞれ苗字が異なるご一家が入れ替わり領主になりまして、それぞれ未だにご当主が頑張っている名家が治めていた土地柄で、当時の立派な屋敷が見どころ。

州の西側ながらビザンツの影響も受け、その後ノルマン朝、サラセン人の侵攻の被害も受けています。
現在はバシリカータとの州境ですが、かつては海沿いに耕作地を持つ、交通の要衝っていう事で、ナポリ方面の王様から影響を受けまくった建物が多く残ります。

100年に1回ぐらいの割合で起る大地震にも耐え・修復されて今の姿があるので・・特に地震国、日本からのお客さまたちは「おお。凄い」という感想を持たれる模様。

サラセン人の侵攻・・と言う名の海賊の略奪から逃れるため、村は海から少し遠い内陸部に作られました。ティレニア海から少し入ったところなので、海に沈む夕日を見送りながら村に到着して、ゆっくり1泊。翌日の朝から観光・・といったコースが贅沢だなぁと思います。(ご飯も素朴で美味しいですよ)

Aieta/アイエータ(

交通:ナポリ~シチリア線上の駅から車で30分ほど。バスでの到達はちょっと難しいかも。コセンツァから車で2時間ちょっと。

ご注意:村内に車で入れないので、大荷物を持っての宿泊はご相談ください。(対応できる宿情報などあります)

ご案内:可能です。州の西側の見どころやお料理教室と合わせたご案内が多いです。駅でピックアップ~村へ、などという旅程も可能。のんびりした村なので、ゆっくり滞在いただきたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ