このブログについて/Aboutの続き



会社員生活の傍ら、趣味でアテンドをしています。
なぜ趣味の範囲で損活動をしているのか。その何故について暑苦しく書き散らしてみました。

「趣味で」アテンドをしています。

「なぜ趣味でアテンドをしているのですか?」と聞かれることがあります。本業にしちゃえばいーんじゃない?と思ったこともあります。
実は、カラブリア州と言う場所柄を知れば知るほど、アテンドなどの仕事を「本業」つまり、生業にする事は考えられませんでした。

カラブリア州は近年、観光などが目的で訪問する人が増えていますが、フィレンツェやヴェネツィアの様に黙っていても人が来てくれる観光資源に乏しく、また圧倒的に不便な場所です。経済的に豊かな人は少なく、そんな中でも農家や生産者が頑張って伝統を守っています。
この様な場所でアテンドを生業にしようと思うと、カラブリア州を積極的にアピールしてお客さんに来て頂いたり、売れそうな州産品を日本に紹介するしかありません。

これは、誇大広告や主語が大きい安易なアピール、無理な集客に簡単に繋がります。例えば郷土料理にしても「カラブリア州の郷土料理」「カラブリア州のお菓子」と主語を大きく一般化して伝えれば、多くの人の関心を集めることが出来ると思います。でもこの方法では、結果的に全く正しくないカラブリア州の姿を広く伝えてしまうでしょう。

さらに、州の特産品やこれらを作っている生産者日本に紹介する際に、アテンドが生業という環境下であったとしたら。
いわゆる袖の下やペイバックの多い生産者を優先しないでいられる高潔さを保てるか、率直に言って私は自信がありません。自分の生活が懸かっているからこそ、良い物を真面目に作っている生産者より、ペイバックを多くする生産者を優先する様になってしまうのではないか、と(自分の事ですので)容易に想像が出来ました。

私が目指す「正しいカラブリア州の姿を知っていただきたい」という目標達成の為には「アテンドは趣味の範囲で行う」という自分に課したルールが不可欠でした。

趣味でやっている事であれば、真面目な生産者さんとゆっくり関係を築いてから日本にご紹介できるし、自分の利益は度外視して生産者優先で物事を見ることが出来ます。(これはもちろん、全く無料で仲介業をすると言う事では無いですが。)
さらに、正しく情報を発信する事で「ちょっと地味だけどカラブリア州も来てみたいな!」と思って頂ける、州のファンになってくださる方を少しずつ増やせるのではないかと思います。

加えて、この地で学び得たことが収入に直結しないというのは、学びを続ける上で大切な事だと思っています。真摯に学び、知識を深める。得た知識を元に正しく、地元に利益が還元できるように形にする。これをする実現するために、私は「趣味で」アテンドをしています。

※当サイトの内容・テキスト・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。ブログを含む各種メディアで当サイト掲載写真や文章などを利用する際は、予めお問合せください。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ