イタリアの美しい村・ジェラーチェ(Gerace)



カラブリア州東側で、首都的な立場だったのがジェラーチェ(Gerace)。かつての大司教首座を持ち、イタリアの最も美しい村(I borghi più belli d’Iltaia)にも選出されています。

太陽の門の向こうはイオニア海。
崖の上の交通の要衝で、ビザンツ以前からイオニア海側一体の文化の中心でした。かつての貴族の館がたくさんあり、落ち着いた良い雰囲気の村です。
カラブリアの主要都市といったら、北のコセンツァ・東のジェラーチェ・南のレッジョカラブリア、だったんですね。ずっと。

廃墟となり現在は立ち入りが出来ませんが、最も標高の高いところにノルマン朝時代の城址があります。
お城の前が公園広場になっていて、ココからの眺めが最高です。
駐車場もあるので、一気にここまで上がってきて、村を一望してから散策するのがお勧め。

カテドラル内は有料ですが、クリプタなどは一見の価値があります。
修道士たちが暮らしていたスペースが小さな博物館になっていて、教会の貴重なコレクションも展示されています。

イオニア海は、日が昇る海。
屋上バルコニーを持つ宿に一泊して、朝日を拝むのも良いもんです。

私の足が失礼しておりますが(笑)、貴族の館を改修したグルメな宿もありまして、真冬のローシーズン以外はひっじょーにお勧めです。

歴史のある村らしく、村内は教会だらけですが小さな村なので半日あればざっと回れます。
博物館などをゆっくりみると1日は必要かな。。。
少し不便な場所ですが、かつて繁栄を極めた州の東側の要衝。
宗教と政治の中心であったころをひしひしと感じる、荘厳な雰囲気に包まれた村です。

Gerace/ジェラーチェ(

交通:イオニア海側は公共交通を使った移動が大変不便です。電車は単線・バス便もありますが。。時刻表などはその都度確認が必要です。州都カタンツァーロから1時間ぐらい。

ご注意:ローシーズンはレストランが休業します。

ご案内:可能です。グルメな宿のご紹介も可能。レッジョカラブリア方面や、古代ギリシャ時代の遺跡が多い州の東側観光の中に組み込む旅程が好評です。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ