(簡単レシピ付き)ティレニア海産カタクチイワシでアチューゲ(アンチョビ)を作りました。



カラブリア州の西側の海をティレニア海といいます。
東側のイオニア海に比べ海流が強く、コセンツァの人たちは青魚と言ったらティレニア海産が好き。我が家ももれなくティレニア海産の青魚を愛していますが、しばらく前に採れたてのアリーチ(Alici/カタクチイワシ)を頂きました。

前の日の夜に水揚げされた、ぷりぷりちゃんたちです。
あんまりきれいなので、すぐに食べる分以外は塩漬けの保存食にする事にしました。
一般にアンチョビ、イタリア語だとアチューゲと言います。

アチューゲ(アンチョビ)を作ってみよう

材料
・新鮮な青魚
・塩(魚の40%ぐらい)
・好みの香辛料(我が家は唐辛子と月桂樹が基本)
・オリーブオイル

熟成用にガラスや琺瑯の容器があると便利です。

作り方
1.頭を落とし、お腹の中を掃除して骨を取り綺麗に洗ったら水気をしっかりふき取る。
※私は塩水で洗っています。

2.容器に並べ、塩をする。

容器に塩をして魚を並べたら塩、魚を並べて塩…を繰り返します。

3.ぴっちりラップをして冷蔵庫へ

4.2か月ほど休ませて完成♡

5.液体から引き上げ、水分をふき取ったら清潔なガラス瓶へ。好みの香辛料も一緒に入れておきます。

なお、容器に残った液体は魚醤(ナンプラー)です。これでガパオライスとか作ると美味♡
魚醤は別のガラス瓶などに入れて冷蔵庫保存。出来るだけ早く使い切ります。

6.オリーブオイルをひたひたに注ぎます。

魚がオイルでしっかり隠れる様に、たっぷりと。
(オイルから出ている部分は腐敗しやすくなるよ! 怖)

できた!

出来立てよりも、少し置いてからの方がオイルが馴染んで美味でございます。
消費期限は約1年と言われているけれど…そんなに長持ちしないなぁ(笑

パンに乗せたり隠し味に使ったり。用途は色々。
保存食は自家製が一番おいしいと思います。とにかく簡単なので、お試しを~


おまけ

実は、頂いたアリーチがあんまりキレイだったので、何匹かは酢〆しておいて細巻きに使いました。

これ、日本酒が欲しい味だったよね。

素材が良いと何をしなくても美味。
アリーチは春と秋が旬なのですが、秋のアリーチは脂がのっていてさらに酢〆に向いているはず。
秋が待ち遠しいわ…

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ