本年もパネットーネはマウロ・モランディン。そして我が家のクリスマスツリー



我が家で購入するパネットーネは、本年もマウロ・モランディン(Mauro Morandin)の物。マウロさんは最早解説が必要無い、パネットーネの王様。トリノ郊外、イタリアと言うよりフランスですよね?という場所に店舗を構えていらっしゃいます。
サイトはこちら(

もう大量生産品は買わなくても良いかな。。好きなマエストロの物を少しだけ頂ければ満足だな。。と思うのと、ごあいさつ回りの人たちから沢山頂くので、我が家で購入するのはこれだけです。

ツリーの下に置くのに、少しだけ(?)デコってみましたが…とてつもなくキラキラになってしまったw

カラブリア州のクリスマス時期の郷土菓子も大好きでたくさん作ってありますが、マウロさんのパネットーネがあると思うと自然と笑みが出るぐらい好き。クリスマスの日のランチに開封します。
あぁ楽しみだ♡

 

本年も無難な飾り付けなクリスマスツリー、見ていく?

我が家のクリスマスツリーは、赤系と金色系の飾りしか付けないルールがあります。
なので、毎年同じ様な飾りつけで楽と言えば楽なんですが、実は毎年飾りが少しずつ増えています。

増える飾りは必ず頂き物。
例えば写真は、昨年陶作をしている友人から頂いた名前入りの飾り。本年もこっそり頂き物の新しい飾りが増えています。

ツリー自体は15年ほど前に購入した物。クリスマスの為に樹を切る文化はどうかと思う、などと話し合って購入したんでした。懐かしいな。
頂き物の飾りやそれにまつわる逸話が集まって、今後も色々な思い出があるツリーに育って行くのかな、と思うと感慨深い物がありますね。

本年は、ダイニングの隅にツリーを出しました。
もう少し飾りがあっても良いようにも思うけれど、まぁ…我が家的にはこんなものでしょうかね。

流石に夜は電飾が綺麗。自己満足だけど、いーの。

冬のカラブリア州は、16時半になるともう夕暮れ時。
タイマー制御にしている電飾は、暗くなる前に点灯を開始し1時ごろまでピカピカしているようにしているので、晩御飯の後にキッチンに行くのもちょっと楽しみだったりします。

まだまだ落ち着かない世の中ですが、家族が皆、健康にクリスマスを迎えられたことに感謝して。
Buone Feste。良いクリスマスを。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ