イタリアのご当地コーヒーメーカーを知る。一味違ったイタリア旅行の楽しみ方。



カラブリア州内には現在5つの県がありますが、昔からあった大雑把な分類では3つのエリアに分かれます。
曰く、北部、中東部、南部。もっと昔はさらに大雑把にカラブリア州の北側/南側とざっくり行政エリアが分かれてました。

私が住むコセンツァ県コセンツァ市は、この「北部」の中心地で、中東部は州都・カタンツァーロ県カタンツァーロ市、南部はレッジョカラブリア県レッジョカラブリア市が中心地です。
それぞれ、県庁所在地になっています。
ざっと、こんなカンジ↓

それぞれの地域で独自の文化が育まれており、「文化」には地元コーヒーも含まれます。
イタリア人が大好きなエスプレッソですが、このエスプレッソ用のコーヒーも地域色があって、絶対譲れない戦い(?)があるんですw

州内、実は大小様々なメーカが存在していますが、ご当地コーヒーはほんっとそれぞれの土地に暮らす人々の味覚が反映されているので、行った先の物を試してみるのも一興。イタリアの旅の楽しみだな、と常々思います。

南伊は全体的に「濃い」カンジの焙煎・ミックスが多いですが、それでも地元色が色々で。ほんっとーに色々で、旅先で見かけないメーカーのエスプレッソを飲んでみる楽しみも、イタリア旅行の醍醐味なんじゃないかと思います。

で、コセンツァのメーカーと言ったら何と言ってもアイエッロ(AIELLO)社。コセンツァ市郊外に工房を持ち、つい最近、最新の機器を備えた新工房の稼働を始めた地元メーカーです。

@AIELLO

日本未上陸の為見慣れない方も多いかもしれないけれど、コセンツァ人は絶対コレだろう…という位、県内で愛されているご当地ブランドです。
デカフェは真っ白のパッケージで可愛いいし、アラビカ100%は真っ黒パッケージがカッコいいです。
我が家もコレしか買いません…とは言い切れず、たまーにカンパーニア州のに浮気しながらアイエッロ社製品を愛用しています。

一方、州都を擁するカタンツァーロのメーカーと言えばグリエルモ(Guglielmo)社。
アーチェリーの的(?)といったブランドロゴは日本にも進出済み。どこかで見かけたことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

世界的に展開しているメーカーで、イタリア各地のバーで「あれ、こんなところに!?」という出会いがあります。
で、大抵はカラブリア人がオーナーのバーだったりします。郷土愛w

この他、レッジョにも大変美味しいメーカーさんが頑張っています。

で、先日。
カタンツァーロ出身の友人から頂いたのがこちら。コーヒー味のキャラメルが入っている飴、らしい。
コセンツァの人間にグリエルモを土産にするとはいい根性じゃない…などと思いつつ頂きました。

最早ネタですが、カタンツァーロは遷都を巡ったアレコレや、サッカーのアレコレなどからコセンツァ・レッジョカラブリアから「嫌われる」立場。
嫌われると言っても内々でネタとして楽しんでいるのですが…まぁコセンツァ人にグリエルモ持ってくる人は珍しいわね、といった程度には心の隙間がありますw 

心の隙間www 

でもさ。頂き物は嬉しいよね。
という訳で、早速開けてみた!

あれ、カタンツァーロのくせに(←失礼)可愛いじゃん。
エスプレッソにも砂糖を入れない私には少し甘すぎる感じがするけれど、全体的に「エスプレッソです!」といった感じで(不覚にも)美味しく頂きました。

グリエルモ社製のコーヒーを扱うお店なら、飴のコーナーかレジの脇で売っているそうです。
友人曰く、溶け難いらしく、お土産にも良いんだって。

こーいうミスも可愛いと思えたら、南イタリア上級者。
グリエルモ社製のコーヒーは、アイエッロ社製よりも飲みやすくまとまっていると言われています。たぶんアイエッロ社製よりもマイルドで万人受けする作りなのだと思います。

だからこそ、世界的に進出できているのでしょうね。
アイエッロも頑張って欲しい…

ともあれ。北伊の超有名メーカーのコーヒーも良いけれど、旅先の味を試してみるのも一興かと。
次回渡伊の際は、ぜひぜひお試しを。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ